sony α7ⅲにsigma 70-200 F2.8 sportsをつけて花火をバルブ撮影するとブレる問題

原因不明だけどとにかくブレる

街の光が縦方向にブレている

昨日花火大会があったので、α7ⅲにsigma 70-200 F2.8 sportsをつけて花火を長時間露光撮影。

もちろんレリーズを使用。

すると花火の下の街の光がとにかくブレる。

想定できる原因

  • 三脚が弱い
  • 花火の振動
  • シャッターのカシャっていう音の振動

検証

三脚が弱い

カメラの向きを縦向きと横向きで撮影したところ、ブレの方向が綺麗にカメラの向きに応じて変わった。また、カメラを安定したところに置いて撮影したところ、同じ現象が見られた。つまり三脚が問題ではないはず。

花火の振動

花火の打ち上げ地点からは5kmほど離れており、音もそんなに聞こえないので違うはず。

そんなに風はなかったのと、無風のところで検証しても同じ問題発生。

シャッターのカシャっていう音の振動

これはまだ検証しきれていないが、サイレント撮影モードにしてレリーズでバルブ撮影してみたところ、同じ結果に。サイレント撮影モード時はバルブ撮影できないはずが、レリーズを使うとどこかぎこちないができているようだった。

次に検証すること

次はレンズを変えて夜に同じ条件で撮影してみようと思う。

これでブレなかったらレンズとの相性に問題があることになる。

sigmaのキャノン用のマウントコンバーターを挟んでα7ⅲにつけているため、そこの遊び部分が悪さしているようにも感じる。

引き続き検証してみる。

検証結果

レンズを変えるとブレなかった。

原因はsigmaのレンズにあり。

おそらくマウントコンバーターをつけているのもあり、カメラの何らかの微妙な振動でぶれるのだと思う。

三脚にはレンズを固定しているため、できればカメラを固定したいところ。

望遠レンズサポーターで対応できそうな気がするのでそうしてみる。

https://www.amazon.co.jp/Velbon-三脚アクセサリー-望遠レンズ専用サポーター-望遠レンズ対応-389800/dp/B001Q9EF1O/ref=sr_1_4?__mk_ja_JP=カタカナ&keywords=望遠レンズサポーター&qid=1565186420&s=gateway&sr=8-4

ついに解決

ブレの原因は、三脚を使用して固定で撮影をするときは、レンズ側の手ぶれ補正をOFFにする必要があった。。。

それは知らんかった。。

ということで上記のレンズサポーターは無駄になったけど、動画撮影で使うことにする。

Leave a Reply

Your email address will not be published.